青森県ITER計画推進会議規約

(目 的)

第1条 ITER(国際熱核融合実験炉)計画に関連するプロジェクトの青森県での実施を推進するとともに、次世代炉の誘致を念頭に置きつつ、日本における新たな核融合研究開発の拠点づくりを目指し、青森県ITER計画推進会議(以下「本会」という。)を設置する。

(事業内容)
第2条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1) ITER計画及び関連するプロジェクトに関する情報収集等
(2) 核融合に関する普及啓発
(3) 核融合実験研究施設及び関連施設等の視察
(4) 核融合関連技術の県内企業への活用に関する調査等
(5) その他本会の目的達成に必要な事項

(構 成)

第3条 本会は、会員及び賛助会員をもって構成する。

(役 員)

第4条 本会に、次の役員を置く。
(1) 会 長  1名
(2) 副会長 若干名
(3) 理 事  若干名
(4) 監 事  2名

(役員の選任)

第5条 役員は、総会で選任する。

(役員の職務権限)

第6条 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。
3  理事は、本会の事業を遂行するため、必要な事項を審議する。
4 監事は、本会の会計を監査する。

(役員の任期)

第7条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

(顧 問)

第8条 本会に、顧問を置く。
2 顧問は、会長が指名する。

(科学顧問会)

第9条 本会に、科学的・技術的見地から指導・助言を行う機関として、科学顧問会を置く。
2 科学顧問会は、次に掲げる事項について、必要な指導・助言を行うものとする。
(1) 本会が行う広報活動等
(2) その他会長から検討を求められた事項

 

(オブザーバー)

第10条 本会に、オブザーバーを置くことができる。

(会 議)

第11条 本会の会議は、次のとおりとし、会長が招集し議長となる。
(1) 通常総会 年1回開催する。
(2) 臨時総会  必要と認めるとき開催する。
(3) 理 事 会  年に1回以上開催する。
2 総会の議決は、出席した会員及び賛助会員の過半数で決める。

(総 会)

第12条  総会は、次の事項を議決する。
(1) 規約の改正
(2) 事業計画
(3) 予算及び決算
(4) その他会長が特に必要と認める事項

(理事会)

第13条 理事会は、次の事項を決定する。
(1) 総会に付議する事項
(2) その他会長が特に必要と認める事項

(事務局)

第14条  本会の事務局は、本部を青森県商工会議所連合会に置き、支部を公益財団法人むつ小川原産業活性化センターに置く。

(経 費)

第15条 本会の経費は、会員による会費及び負担金のほか、寄付金及びその他の収入をもってこれに充てる。
2 会費については、総会において別に定める。

(会計年度)

第16条  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(その他)

第17条  この規約に定めるもののほか、本会の運営について必要な事項は会長が別に定める。

   附 則
1 この規約は、平成7年12月18日から施行する。
2 本会の設立当初の会計年度は、第16条の規定にかかわらず、平成7年12月18日から平成8年3月31日までとする。

   附 則
この規約は、平成25年6月4日から施行する。

 

 

 

(第15条関係)

青森県ITER計画推進会議の会費の定めについて

 

平成18年6月8日通常総会議決

 

青森県ITER計画推進会議の年会費については、以下により取り扱うこととする。

 

  1. 会費は一口年額2万円とし、会員は一口以上の会費を納入することとする。
  2. 賛助会員は無料とする。
  3. 会費を徴収しようとするときは、会長名をもって、該当口数に相当する金額を明記した請求書を送付して行うものとする。
  4. 既納の年会費は原則として返還しないものとする。
Copyright© 2012 青森県ITER計画推進会議 All Rights Reserved.