会長挨拶

“核融合原型炉を青森県へ”

 青森県ITER計画推進会議は、核融合エネルギーの早期実現に向けた日欧国際共同研究開発プロジェクト「幅広いアプローチ(BA)活動」の青森県での実施を推進することを目標に、産・学・官・金一体となった支援活動を展開するため、平成18年6月、県内の企業、団体、自治体等の賛同を得て設置されました。以来、実験炉ITERの次世代炉である原型炉の青森県への誘致を目標に、日本、そして世界における新たな核融合研究開発の拠点づくりを支援すべく活動しています。 事業実施に当たっては、県民の目線に立った親しみ易いものとなるよう努めており、その活動範囲は、ITER計画やBA活動の情報収集、会員を対象とした県内外の核融合関連施設等の視察研修、そして広く県民・県内企業を対象とした核融合エネルギーに関する普及啓発や核融合関連技術の活用に関するセミナーなど、様々な分野に及んでいます。
 皆様におかれましては、当推進会議の趣旨にご賛同いただきまして、ご一緒に原型炉の青森県への誘致を進めて行くことができるよう、ご理解とご協力を賜りますことを心よりお願い申し上げます。

Copyright© 2012 青森県ITER計画推進会議 All Rights Reserved.